記事詳細

沢尻エリカ容疑者、賠償金10億円地獄! 大河だけでも5億円…身から出た大き過ぎる“クスリの代償” (1/2ページ)

 合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された女優、沢尻エリカ容疑者(33)。出演予定だったNHK大河ドラマの撮り直しが確定的になったことで、巨額の賠償金が発生することになったわけだ。薬物地獄の次は、賠償地獄へと突き進んでいく。

 沢尻は大河ドラマ「麒麟がくる」で、斎藤道三の娘で、織田信長の正妻となる帰蝶(濃姫)を演じていた。撮影は6月に始まり、すでに10話まで撮り進んでいた。

 「すでに取り壊したセットもあり、撮り直しのために改めて建て直さないといけない。さらに共演者についても改めてスケジュールをきらないといけない。それだけでもかなりの費用がかかる」とNHK関係者。

 こうした損害額について、「未成年者との飲酒問題を起こした小出恵介の主演ドラマのケースでは、全6話がお蔵入りとなりました。このときの制作費は1本5000万円といわれています。ところが大河はその比ではない。建て込みも衣装もカネがかかっていますからね。沢尻の場合、大河の撮り直し分だけで5億円はくだらないとの見方があります」と話すのは広告代理店関係者だ。

 さらに沢尻がCM契約していた企業は5つ。すでにサントリーやP&Gなどは公式ホームページから動画などが削除されている。

 「現在公開中の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』についてはそろそろ公開時期が終わるところだったので、実質の損害賠償が発生するのはパッケージ化(DVD化)されるときが考えられます。最近は一連の俳優不祥事でお蔵入りやカットなどが問題になったことから、“作品に罪はない”との考え方も広がっているので、どこまで賠償を求めてくるかは不透明です」と映画関係者。

関連ニュース