記事詳細

“タピオカ恫喝”ユッキーナ、謝罪文でも身勝手な言い分ばかり 時すでに遅し…

 “タピオカ恫喝”騒動で無期限の活動自粛を発表したタレントの木下優樹菜(31)。トラブルの相手となったタピオカ店オーナーに対する謝罪文が明らかになる中、その身勝手な言い分ばかりが浮き彫りになった。

 騒動は、木下の実姉が働いていたタピオカドリンク店に対し、〈出方次第でこっちも事務所総出でやりますね〉とした“恫喝(どうかつ)”とも受け取れるメールを送り、それがSNSで公開されたことをきっかけにネット上で大炎上した。

 結果的に木下の無期限活動自粛という結論に落ち着いたが、19日放送の「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)で、最初の謝罪文発表に合わせて、オーナーに対して送ったDMの内容が明らかにされた。

 そこには当初の“恫喝メール”について謝罪するとともに、「お互いに、第三者に話をしない」ということで解決したいというものだった。

 「木下が先に、DMでオーナーに対し『週刊誌に姉がこうなったって言えるからさ』と話しています。自分のほうが第三者への情報提供をちらつかせていたにもかかわらず、自分のDMが公表されるとは思わなかったんでしょうね」と芸能サイト編集者。

 時すでに遅しだ。

関連ニュース