記事詳細

【立川志らべ 週間BSマップ】後世まで伝わる「名曲」のルーツをたどる 「SONGTOSOUL~永遠の一曲 」

★SONGTOSOUL~永遠の一曲 <12月3日(火)午後11時BS-TBS>

 音楽大好きな落語家、立川志らべです。私が音楽を本格的に好きになったのは佐野元春さんから。そこからかなり王道のロック音楽を聞いてきました。そして30代の半ばでよーやく気づいたのです。「俺、そーんなにロック好きじゃないな」と。我ながら「今ごろか!」と思いましたよ。

 私はソウルミュージック、ジャズなど、黒人音楽が好きなことがずいぶん大人になってわかってきたのです。さらに、ひねくれ者の私は、なぜかビートルズのアルバムを1枚しか持っていません。音楽が好きなくせに、有名な知識が欠落していたりするのです。

 そんな私にとって、BS-TBSの「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」という番組はとてもありがたいのです。後世まで伝わる名曲のルーツをたどりながら音楽を生み出した魂と音楽に魅せられた魂をつないでくれる番組です。

 3日午後11時から放送される回ではジョン・レノンの「スターティング・オーヴァー(Just Like)Starting Over」を取り上げます。

 この曲は、ジョン・レノンが1980年11月にリリースしたアルバム「ダブル・ファンタジー」からの先行シングルとして10月にリリース。ジョンは1975年に息子ショーンが生まれると、5年間「主夫」として生き音楽活動を封印すると宣言、音楽業界と完全に線を引いてしまったのです。世界中がジョンの再始動を願う中、5年ぶりの復帰作として制作されたのがこの曲です。

 ジョンが5年も活動休止していたことすら知らなかった私ですが、「マイルス・デイヴィスと同じ時期に活動休止してたのか」と、妙な感心はしてしまいました…。

 先行リリースされた「スターティング・オーヴァー」が順調にチャートを駆け上がっていく中、ジョン・レノンは凶弾に倒れてしまうのです。そんな悲しい側面のある曲だとは…。私は18歳の少年のようにこの番組を見て涙してしまうのでした。(立川志らべ)

関連ニュース