記事詳細

【桂春蝶の蝶々発止。】「桜を見る会」問題、内閣支持率がそれほど落ちない原因は“鳩山元首相のツイート”では? (2/2ページ)

 そうそう…首相任期中、ハトさんには金銭スキャンダルが直撃しました。そのころ、アイドルグループの元メンバーが覚せい剤取締法違反で逮捕されていますが、「まさか、ハトさんがマトリ(厚労省麻薬取締官)を動かしたんでっか?」って話になる。そう思われても仕方ない。

 左派野党が政権に近づきたいと思うなら、まずハトさんを黙らせなければなりません。ハトさんのツイートって、「いいね」や「リツイート」が欲しい、承認欲求を強く感じます。いわば、感情の排泄(はいせつ)物なんですよ。まさに「ハトのフン」と呼ぶにふさわしいものでしょう。

 ハトさんの「バカッター」を直ちに止めさせないと、野党は生涯自民党に勝てません。

 今日もハトさんは「クルゥ…クルゥ…(狂う狂う?)」と鳴きながら、異常なツイートを書き込んでいます。それを誰よりも喜んでいるのは安倍首相ですよ。ハトさんがつぶやけばつぶやくほど、リベラル勢の信用が無くなりますからね(笑)。

 ■桂春蝶(かつら・しゅんちょう) 1975年、大阪府生まれ。父、二代目桂春蝶の死をきっかけに、落語家になることを決意。94年、三代目桂春団治に入門。2009年「三代目桂春蝶」襲名。明るく華のある芸風で人気。人情噺(ばなし)の古典から、新作までこなす。14年、大阪市の「咲くやこの花賞」受賞。

関連ニュース