記事詳細

暗黒・犯罪作品を集めた特集上映! 「フィルム・ノワールIII」14日から渋谷で開催

 映画史に残る名作から忘れられていた佳作まで35本の暗黒・犯罪作品を集めた特集上映「フィルム・ノワールIII」が14日から、東京・渋谷「シネマヴェーラ渋谷」で始まる。来年1月17日まで。

 その中の何本かを紹介しよう。「堕ちた天使」(1945年、オットー・プレミンジャー監督)はレストランのウェイトレスに一目ぼれした男が、彼女と一緒になりたいがために他の金持ちの女をだまして金をせしめようとするが…。アリス・フェイとダナ・アンドリュースが天国と地獄をさまよう。影と光を多用した傑作の1本。

 「犯罪王ディリンジャー」(45年、マックス・ノセック監督)は裏社会で生きるジョン・ディリンジャーの一生を描くが、ノセックは他の映画のショットを流用して名をあげたナチスからの亡命監督でB級作品を量産したことでも知られる。

 「邪魔者は殺せ」(47年、キャロル・リード監督)は誉れ高き傑作。北アイルランド独立資金を得ようと強盗を企てた男が逃亡中に多くの人々を巻き添えにしてゆくが…。ジェームズ・メイソンとキャサリン・ライアンの必死さが伝わってくるヒット作。

 ほかにも「死の接吻」「拳銃貸します」といった作品が並ぶ。詳細は同劇場ホームページ(http://www.cinemavera.com/)から。(望月苑巳)

関連ニュース