記事詳細

北島三郎、両足指を骨折していた 現在は順調に回復

 歌手、北島三郎(83)が両足の指を骨折していたことが分かった。全治2カ月の重傷という。現在、移動は車いすで行っている。

 先月20日、東京都八王子市の自宅で転倒。翌日に痛みや腫れがひどくなり、診察を受けたところ左足の指5本と右足の指数本の骨折が判明した。

 順調に回復しており、仕事のキャンセルはなし。12日には東京・中野サンプラザで、大みそか放送のテレビ東京系「第52回年忘れにっぽんの歌」の収録に参加。今回は歌わずに客席から声援を送った。

 本人は、一日も早くステージに立ちたいと意気込んでいるという。