記事詳細

【織田哲郎 あれからこれから】“コピーライティング力”凄かったZARDの坂井泉水さん 「メロディーを最大限に生かす言葉を見つけてくれる人」 (1/2ページ)

 1996年1月、アニメ『スラムダンク』のエンディングテーマに使用されたZARDの「マイフレンド」がリリース。3月にはアニメ『ドラゴンボールGT』のオープニングテーマ曲となったフィールド・オブ・ビューの「DAN DAN心魅かれてく」がリリースされました。どちらもZARDの坂井泉水さんとのコンビでの作詞作曲です。

 今回は少し作詞というものについて話をしたいと思いますが、私は作詞には3つの要素が必要だと思っています。

 (1)コピーライティング力。ポップスはパッと聴いただけでメロディーと一緒に言葉が耳に残ることが大事です。

 (2)純粋に“詩”として人のイメージを喚起できる言葉力。

 (3)ストーリーテラーとして、数分間の歌の中で感情を揺さぶるストーリーを伝えられる構築力。

 優れた作詞家はみなそれぞれのバランスでこの3つの要素を持っています。ただ昭和の時代は(3)のストーリーテラーとしての要素がとても重要でしたが、最近は具体的なストーリーが見え過ぎること自体が古臭く感じられる傾向で、(1)と(2)が重要視されるようになっています。

 坂井さんとはいろいろな作品を一緒に作りましたが、彼女は特に“コピーライティング力”が素晴らしかったと思います。たとえば「負けないで」という曲のサビの頭の部分は、今となっては「負けないで」という言葉のためのメロディーだったとしか思えません。「DAN DAN心魅かれてく」もやはり一度聞いただけで歌詞がアタマにこびりつきます。インパクトを出すために奇をてらうのではなく、メロディーを最大限に生かす言葉を見つけてくれる人でした。

関連ニュース