記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】すべてを断ち切って再出発…デビュー当時からのプロデューサーの元へ (1/2ページ)

 東京、大阪、名古屋で開催される予定だったファンクラブ主催のバースデーコンサート中止による払い戻し、日本テレビ系主演ドラマ「ボーダー 犯罪心理捜査ファイル」(1999年1~3月)の降板、所属レコード会社からの追放劇…中森明菜の世紀末は不運、トラブルの連続だった。

 当時、明菜の周辺を取材していた芸能リポーターの梨元勝氏も生前、週刊誌のコラムなどで「どうしてこうトラブルが多いのだろう」とした上で、「個人事務所のマネジャーが辞めたとか、新しいマネジャーになってよく分からなかったとか…もう無責任の限度を超えてしまっていた」「こうなると、今回のシングルとアルバム(99年12月のシングル『Trust』とアルバム『Will』)が、明菜最後の“引退CD”になりかねない雲行きだ」と記したほどだ。

 波乱に満ちた状況で新世紀-デビュー20周年を迎えた明菜は、2001年5~6月にコンサート・ツアー「ALL ABOUT AKINA 20th Anniversary IT’S BRAND NEW DAY」を全国18都市で自主開催した。

 そんな姿を見かねていたのがデビュー以来、明菜を見守り続けてきた寺林晁氏(現エイベックス・エンタテインメント レーベル事業本部アドバイザー)だった。

 寺林氏はウドー音楽事務所からワーナーパイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)に移った異色の人物。ワーナーでは洋楽宣伝を担当していたが、矢沢永吉が同社に移籍したことから邦楽に移り、さらにCHAGE&ASKAのデビューにも携わっていた。

 その寺林氏が自ら獲得に動きデビューさせたのが明菜だった。それだけに思い入れも人一倍強かった。当時を振り返る。

 「実はその時、明菜は他の大手芸能事務所とレコード会社に決まって動いていたんですよ。それをね、本人や家族を直接説得して最終的に強引に引っくり返したんです。とにかく彼女には魅力があったんです」

関連ニュース