記事詳細

【外国人が見るニッポン】高いのに普通すぎる!? 「新国立競技場」から見るニッポン (1/3ページ)

 皆さん、ズドラーストヴィチェ!(ロシア語でこんにちは!) 生まれはロシア、育ちは関西、舞台は東京!ロシア系関西人の小原ブラスです。

 2019年も終わりが近づき、いよいよ2020年オリンピックイヤーの到来ですね。様々な問題を抱えながらも五輪の準備は着々と進んでおり、つい先日、新国立競技場が完成したというニュースを耳にした方も多いでしょう。

 3年の工期を経て五輪開催の半年以上も前に、遅れを出すことなく完成。さすが納期を守る日本人、その真面目さが垣間見えますね。職人さんや建設に直接携わった方には脱帽する思いです。

 完成するまでに色々な問題をかかえていた新国立競技場ですが、日本国内での評価は様々ですね。正直ここまでの経緯を踏まえると、どんな競技場ができても必ず叩かれる運命にある新国立競技場。日本に住む外国人の目には今その競技場がどのように映っているのか、今回はそんな話題です。

■東京五輪開催決定!日本人以上に歓喜した外国人

 2013年東京五輪の開催が決定したあの瞬間、テレビの前で腕を組んで真剣な顔で観ていたのは今となっては良い思い出です。発表された瞬間思わず僕もガッツポーズをしたし、発表された数分後、外国人の友人から「東京で決まったよ!!」と興奮ぎみのLINEが届いたのもよく覚えています。

 外国人にとってはどこで開催されても一緒じゃないか?と思われるかも知れませんが、とんでもないことです。日本に住む外国人にとって、東京で五輪が開催されるのはとても意味のあること。日本人よりも喜んだ外国人も少なくないはずです。

 というのも、母国を出て日本に住む外国人にとって、母国で心配する親族に、今こんなに素晴らしい国に住んでいるんだぜ!とアピールができる最高の機会になるからです。数々の反対を押し切って他国で住むことを選んだ、その自分の選択の正当性を母国の人に伝えたい気持ちは誰もが持つものです。自分が他国に住むことを想像してみて下さい。日本の家族や友人に、その住んでいる国の凄いところや武勇伝を少し語って自慢したくなる気持ち、なんとなくご理解頂けるでしょうか。

 だから日本に住む外国人としては、是非とも東京五輪で日本の凄さを世界中にアピールして欲しいし、大成功をして欲しい。この思いは日本人と同じかそれ以上のものなのです。

関連ニュース