記事詳細

田中みな実 写真集購買層8割が女性、同世代のあこがれに (1/2ページ)

 2019年12月14、15日の週末は、今最も旬な女性3人の写真集が発売され、都内の書店ではファンを集めての“お渡し会”が開かれていた。

 東京・渋谷では新木優子(26才)が、イタリアで撮影した写真集『honey』(SDP)の発売記念イベントを開催していた。

 「初版は3万部での好調なスタート、購買層は男女半々です」(出版関係者)

 東京・日比谷で自身の誕生日を記念したフォト&スタイルブック『zukan』(集英社)の発売記念イベントを開いたのは桐谷美玲(30才)だ。

 「もともと握手会の募集人数は700人の予定だったのですが、予想以上に集まり、1000人に。男女比は3対7で女性が多かったですね。女性ファッション誌の表紙を務めている桐谷さんへの憧れがあるのでしょう」(別の出版関係者)

 この2人のインスタグラムのフォロワー数は、新木が340万人で桐谷が320万人。それに比べると田中みな実(33才)の140万人は少々物足りないが、写真集では売り上げ、“お渡し会”のファンの人数ともに圧勝だった。

 「セクシーショット満載の田中さんの写真集、『Sincerely yours...』(宝島社)は、発売前に重版し、なんと22万部でのスタートです。渋谷でのお渡し会も1500人の予定が3000人に。前日には大阪で4000人を集めているので、記録的な数字です」(前出・別の出版関係者)

NEWSポストセブン

関連ニュース