記事詳細

令和元年、空前の“結婚ラッシュ”を振り返ると…

 令和元年は空前の結婚ラッシュとなった。特にアラフォー芸人たちの電撃婚には列島が沸いた。

 「口火を切ったのは6月の南海キャンディーズの山里亮太さん(42)と女優の蒼井優さん(34)でしたね。ツーショット金屏風会見で二人のイメージはアップしましたし、世間に夢と希望を与えました。オードリーは二人ともゴールイン。5月には春日俊彰(40)、11月には若林正恭(41)も一般女性と電撃婚。12月24日にはバカリズム(44)が元でんぱ組.incの夢眠ねむさんとこれまた電撃婚となった。

 ひょっこりはん、メイプル超合金の安藤なつ、イモトアヤコ、壇蜜や橋本マナミらも結婚。

 「8月には小泉進次郎さんと滝川クリステルさんのできちゃった電撃婚もありました。結婚前はウケがよかった進次郎さんですが、結婚後は大臣になったこともあり、発言や女性スキャンダル、政治資金の不正支出疑惑などが噴出する始末。注目されてしまったことでボロが出てしまっています」(週刊誌記者) 

 2020年は五輪婚ラッシュ!?(zakzak編集部)