記事詳細

木下優樹菜“電撃ヌード”のお値段は? タピオカ恫喝に離婚…巻き返しへ起死回生 (1/2ページ)

 まさかの大みそか離婚を発表したお笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史(49)とタレントの木下優樹菜(32)。2020年はそれぞれがタレントとして活動していくことになるが、木下はいまだにバッシングの渦中にある不利な状況だ。果たして彼女は苦境を抜け出すことができるのか。

 19年12月31日、「夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至った」とコメントを出して離婚を発表した2人。

 「木下は、昨年秋にいわゆる“タピオカ恫喝騒動”で芸能活動を自粛することになりました。今回の離婚もそこが原因かと思われましたが、それ以前からけんかが絶えず、別居すら取り沙汰されていたとのこと。木下のインスタグラムにも以前は藤本がよく登場していましたが、最近はほとんど姿を見せていませんでしたから」とスポーツ紙記者。

 当の藤本は離婚の翌日である今年元日の早朝からバラエティー番組に出演し、さっそく離婚をネタにしていた。「当初は神妙な顔をしていましたが、木下の代名詞である“チョリース”をするなど、自虐ネタで笑いを取っていました」と先のスポーツ紙記者。

 一方の木下は活動自粛中とあって、不利な状況だ。「木下にとってネガティブなネット記事も多く、さすがにインスタへの投稿も、擁護する声が上がっています」と芸能サイト編集者。

 「しかし、タピオカ騒動もいまだに解決する様子はなく、下手をすれば訴訟に発展する恐れもある。そうなると、2020年中の復帰すら危ぶまれますね」とも。

関連ニュース