記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「歌手になって母を喜ばせたかった」スタ誕に合格、11社から獲得の意向も… (1/2ページ)

 芸能界の頂点に立ち続けてきた中森明菜だが、独り立ちした1990年代はさまざまな人間関係がうごめき、次々にスキャンダルに巻き込まれていった。その中で数多くの挫折を味わい、結果として人間不信に陥っていったことは否めない。

 明菜のデビューは82年。いわゆる“花の82年組”の1人だった。同期には小泉今日子(53)や早見優(53)、堀ちえみ(52)、石川秀美(53)、松本伊代(54)、三田寛子(53)、シブがき隊らがいる。

 当時を知るアイドル・ウオッチャーは「82年には他にも原田知世(52)や伊藤さやか(56)、つちやかおり(55)ら注目のアイドルが大量にデビューしましたが、明菜はその中でも異彩を放っており、その2年前、山口百恵(60)が引退した80年にデビューした松田聖子(57)と並んで、明菜は“ポスト百恵”と言われました」。

 デビューのきっかけは視聴者参加型のオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ系)。作詞家の阿久悠氏(故人、享年70)が企画した番組で、百恵、森昌子(60)、桜田淳子(60)の“花の中三トリオ”も生んでいる。阿久氏の他に中村泰士氏(80)や都倉俊一氏(71)、三木たかし氏(故人、享年64)、森田公一氏(79)といったそうそうたる面々が審査員を務めていた。

 明菜が「スタ誕」に初めて応募はがきを送ったのは78年。中学校に入学してすぐだった。明菜は応募の理由を、後に「歌手になって母を喜ばせたかった」と語っていた。実際、明菜が応募したことを知って一番喜んだのは母親だったという。

 明菜をデビュー当時から見守り続けてきた寺林晁氏(現エイベックス・レーベル事業本部アドバイザー)は明かす。

関連ニュース