記事詳細

「緊張感ゼロですわ!」上沼恵美子がNHK紅白歌合戦を一刀両断! 違和感を覚えていた視聴者からも賛同の声 (1/2ページ)

 1月6日、上沼恵美子さんがラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)に出演。昨年の大晦日にゲスト審査員を務めた『第70回NHK紅白歌合戦』についてぶっちゃけトークを展開し、おおいに話題になっています。

 関連記事:M-1グランプリ場外乱闘 和牛は慢心でぺこぱを見ていなかったのか? 上沼恵美子の怒りの理由とは? | TABLO

 上沼さんは審査員を務めたことについては「光栄なこと」と前置きした上で、紅白について「少しよろしいか? あたしの知ってる紅白歌合戦ではなかったので驚きました」とズバリ。中継やVTRがよく差し込まれたことについて触れ「NHKホールのお客さんを無視しすぎ。ほんんどVTR」と苦言を呈していました。

 さらに「NHKは敵には回したくないんですけど」としながら「あれは歌のお祭りですわね。誰が歌ってるとか誰がどうとか…だからあれは緊張感ゼロです」とバッサリ。昔の紅白は緊迫した雰囲気が流れていたとした上で「アーティストの中には吐き出す人もいるんですよ。緊張で」と、演者はすごいプレッシャーと闘っていたと説明。過去に紅白にてプレッシャーで吐きそうになるため歌えなくなって口パクをした歌手が1人だけいたことを明かし「それぐらい口パクはダメなんです」と持論を展開していました。

 さらに舞台でアーティストがダンサーをしたがえて歌っている演出についても「みんなで舞台いっぱいに踊って、みんなで盛り上げてるって意味はとっても分かる」ものの「あれだけぎょうさんNHKホールって広いですけど、埋め尽くして踊ってると、誰の何の歌なのか誰が主役なのか、さっぱり分からない」とダメ出しする場面もあるなど、かなりズバズバと今回の紅白をぶった斬っていたのでした。

 参考記事:「マツコも結局おっさんかよ…」 宇多田ヒカルへの『子ども産め』発言にネットがざわつく 宇多田の覚めた顔にも注目 | TABLO

TABLO

関連ニュース