記事詳細

【2020輝く女】吉本実憂「ありのままの自分でいきます」 井本彩花「演技で自分の殻を破りたい」

 「仕事も充実していたんですが、割と自由な時間も多くて。友人と食事にいったり、外に出る機会が増えましたね」

 映画、ドラマともに好調で映画『瞽女GOZE』(2020年春公開予定)では主人公・小林ハルの青年期を演じる。盲目の役であり三味線、唄のスキルが求められる難しい役どころだ。

 「ちょっと大人になったというか、偽らなくなったというか。お行儀よくしてたんです。今年はありのままの自分でいきたいと思います」

 プライベートはというと「映画をたくさん見たい。去年は『存在のない子供たち』(レバノン制作)という映画に出合いました。役者としてもっと勉強したいです」と意欲的だ。もっとたくさん吸収して、本格派女優になってほしい。

 ■吉本実憂(よしもと・みゆ) 1996年12月28日生まれ、23歳。福岡県出身。

 「今年の4月で高校2年になります。若さって武器だと思うので、後悔のない充実した1年にしたいです」

 昨年は『第91回選抜高等学校野球大会』の応援イメージキャラクターを務めた。レギュラー出演中の「オスカル! はなきんリサーチ」(テレビ朝日系)では、実は“やせの大食い”という素のキャラが発覚している。

 「出されたものは完食してます。あまり太らないみたいで。今年は自分でも料理ができるようになりたいな」

 真剣に取り組んでいるのは演技レッスン。

 「まだ怒りや悲しみの感情を爆発させるような演技が難しくて。自分の殻を破りたいです」

 驚くほどの美肌で、高校生には思えない大人びた雰囲気あり。いい女優に成長してほしい。

 ■井本彩花(いもと・あやか) 2003年10月23日生まれ、16歳。京都府出身。