記事詳細

ロンブー田村亮「復帰」も地上波番組は“敬遠” 厳しい現状を目の当たり…メドたたぬ宮迫は“顔面蒼白”!? (1/2ページ)

 反社会的勢力への“闇営業”問題で昨年6月から活動を自粛していたお笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(48)の復帰が発表された。吉本興業とエージェント契約を結んでの復帰も、地上波番組への出演は簡単ではない。厳しい現状を目の当たりにして亮以上に青い顔なのが雨上がり決死隊の宮迫博之(49)だ。

 亮は、相方の田村淳(46)と設立した個人会社、LONDONBOOTSの所属となる。昨年6月24日付で謹慎処分になり、同7月20日の謝罪会見以来、公の場で姿を見せていない。

 約半年ぶりの活動再開だが、レギュラーを務めているNHK・BS1の「ラン×スマ」は4月以降の出演は未定。関西テレビの「おかべろ」も「今のタイミングで出演はない」としている。

 「ユーチューバーとしての復帰も考えられたが淳さんが“復帰は地上波からが筋”との見方を示したので、テレビ朝日『ロンドンハーツ』が有力視されている。しかしそのロンハーでも現時点での復帰は否定している。やはりスポンサーサイドの意向もあるし、地上波への復帰は簡単ではありません」と民放関係者。

関連ニュース