記事詳細

元テレビ朝日プロデューサーが切り込む! TOKYO-MX「欲望の塊」騒動、テレビ局の責任 (1/2ページ)

 ■「買い取り枠」に関与しない放送局

 昨年1~3月にTOKYO MXで放送されたバラエティーで発覚した優勝賞品をめぐるトラブルは、MX局が「事実確認中」とした上で、放送責任を認め、謝罪する事態となった。なぜこのようなトラブルが起きたのか。そこに潜む病理に、元テレビ朝日プロデューサーの鎮目博道氏が切り込んだ。

 優勝商品のスーパーカーが届かないだけではなく、スタッフや出演者のギャラが未払いな上、参加したホストから「宣伝費」として150万円を集めていた…。MX局のバラエティー番組「欲望の塊」。にわかには信じがたいことが地上波で起きた。

 報道を見る限りMXは番組制作を外部に丸投げにしており、ほぼ関与していなかったようだ。通常、番組に関与する人は「放送局の看板」を信じていると思われるが、実態は外部に任せきり…こんなことがありうるのか? 私はテレビ業界で長年働いてきた立場から、「有り得なくはない」と最初にこのニュースを聞いたときに思った。

 背景として理解しておいたほうがいいことがある。テレビの番組には、放送局が主体となって制作をする枠と、枠を買い取ってもらう「買い取り枠」があることだ。

 放送局が主体となって制作する枠では、たとえ実質的には制作のほぼすべてを外部の制作会社に外注しても、放送局側にも「プロデューサー」などの制作責任者が立ち、企画内容から制作の進め方まですべて放送局が把握、指示していく。

関連ニュース