記事詳細

【酒井千佳の気分は明朗快晴】受験の秘訣は「計画」と「マインドコントロール」 (1/2ページ)

 受験シーズンですね。今年は暖冬とはいえ、この時期は寒さが続き、受験生は風邪をひかないか心配ですね。

 私は中学受験、大学受験、気象予報士試験など、さまざまな受験をしてきました。中学受験や大学受験は運が良く志望校にすんなり入れた私ですが、今までで一番苦労したのは漢字検定準1級の試験。確か5回ぐらい落ちた気がします。受験は緊張もするし大変さもありますが、これまでの努力が結果になる達成感という意味では、私は割と好きかもしれません。

 私の経験から考える、受験の際に大切なことは、計画とマインドコントロールのふたつです。

 ひとつ目の計画。合格までの計画がうまく立てられたら、半分成功したといっても過言ではないと思います。目標値がどこで、いま自分がどの位置で、目標までにどのようなペースで勉強していけばいいのかを考えることです。実現可能な計画になるように、冷静に分析するのです。

 その計画のためには自己分析も必要です。自分の現状の把握に加えて、自分の性格を知っておくことも重要だと思います。10カ月後に100必要だとして毎月10ずつ進めていく必要は決してないのです。ちなみに私は短期集中型で飽き性。大学受験のときは高校3年生の秋まで部活を続けていたり、気象予報士試験の時は4カ月で猛勉強したりと、いつもあえて短い期間で自分を追い込むことにしています。

 そしてふたつ目はマインドコントロール。これは本番当日に緊張してうまく力が出せなかったということがないように、緊張をうまく集中力に変える方法です。

関連ニュース