記事詳細

【立川志らべ 週間BSマップ】さらば青春の光・森田哲夫さんが脚本&主演の“ドタバタ劇” BSフジ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」 (1/2ページ)

★猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~ <1月27日(月)午後11時BSフジ>

 20日からBSフジでスタートしたのが、ドラマ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」。

 このドラマはなんと、あの“さらば青春の光”の森田哲夫さんが企画段階から関わり、全8話の脚本監修をつとめ、主演までしているのです。

 私、“さらば青春の光”のコントが好きなのです。特に森田さんの「実写版ねずみ男」のような風貌が怪しくもおかしくて、妙な味わいを醸し出すのです。だからずっと気になる存在ではあったのですが、やはり脚本にまで携われる才能があったのですねえ。

 出版社に勤める猪又進(森田哲矢)は、処女作が大ヒットし人気急上昇中の若手女流作家・アカリ(岡崎紗絵)の編集担当を任されることに。新連載の原稿を完成させるよう指示を受けるが、原稿の締め切りは2日後。焦る猪又だが、アカリは執筆する気が進まない。新連載のテーマは、一度も彼氏ができたことがなく、男性を苦手とする女性=「喪女(もじょ)」。しかし、華やかな生活を送るアカリは、喪女の気持ちなんてわからない。そこで猪又は、「喪女を連れてきます!」と宣言…、というのが先週の第1話でした。

関連ニュース