記事詳細

【織田哲郎 あれからこれから】“ひたすら酒に逃げる”最悪の選択をしてしまい… (2/2ページ)

 とはいえ、このバンドもプロフェッショナルなバンドとしてきちんと活動しようとしたのですから、ただでさえ多忙ですり減っていた自分をより追い込む一因になってしまいました。そんなこと少し考えれば分かりそうなものなんですが。

 ただ、最高のメンバーだったので、もっといい時期にいい状態でやれていたならなぁ、という悔いが今でも残ってます。

 そんな中、鬱なのかあるいは自律神経失調症なのか、先週書いたように意地でも医者にかかるつもりはなかったので病名は分かりませんが、心身の状態はどんどん悪くなる一方でした。そしてその結果、“ひたすら酒に逃げる”という最悪の選択をしたのです。

 ■織田哲郎(おだ・てつろう) シンガーソングライター、作曲家、プロデューサー。1958年3月11日生まれ。東京都出身。現在「オダテツ3分トーキング」をYouTubeで配信中(毎週土曜日更新)。

 2月9日(日)に「東北復幸祭2020」コンサートに出演。

 弦カルテットとの共演による『幻奏夜IV』は2月16日(日)=東京・丸の内コットンクラブ▽23日(日)=名古屋ブルーノート▽同24日(月祝)=ビルボード大阪-で開催。一般予約を受付中。さらに同29日(土)には「幻奏夜+」を下関市民会館大ホールで開催。詳しくは公式サイトt-oda.jpへ。

関連ニュース