記事詳細

“演歌男子の新星”19歳、青山新に贈った山本譲二の言葉 (1/2ページ)

 「ここ数年、演歌界の潮流が明らかに変化していますね。女子から男子へのシフト。そしてイケメン歌手の台頭です」

 レコード会社関係者が伝える、近年じんわりと活況づく“演歌男子業界”にまた新星が現れた。

 5日、「仕方ないのさ」を引っ提げてデビューした19歳の新人、青山新。氷川きよし(42)や山内惠介(36)を輩出した作曲家の水森英夫氏の元で「5年間修業を積みました」(青山)と歌心を鍛え仕込まれた逸材。レコード会社「テイチクエンタテインメント」創立85周年と、芸能事務所「芸映」の創立60周年を背負う記念アーティストだ。

 デビュー直前、お披露目会が開かれた。

 「プレッシャーはありましたが、周りの人が『幸せなことだ』と言ってくれるので、いいほうにとらえています」と堂々とした歌いっぷり。デビュー作は恩師水森メロディーの口ずさみやすい楽曲で「デビュー曲から勝負曲」と期待度も高い。哀愁を帯びた歌声が曲に合う。

 細身の体形にアイビー風の紺のブレザー姿が映える。母性本能をくすぐる雰囲気は年上の女性ファンが放っておかないだろう。

 お披露目会にはレコード会社の先輩、山本譲二(70)が激励に駆けつけた。手には85周年を記念した85本の青いバラ。青山の旅立ちを祝福する青だ。山本のはなむけの言葉がふるった。

関連ニュース