記事詳細

“正統派美女”NHK上原光紀アナが結婚! お相手は慶応大先輩の銀行マン 噂の「尻もみ」バスケ選手とは別人

 美女ぞろいのNHKの女性アナの中でも、正統派の美女との呼び声が高い「NHKニュース7」の平日サブキャスターを務める上原光紀アナウンサー(28)が今秋にも慶応大の先輩である銀行マンと結婚することになったという。

 そんな吉報を報じた10日付サンケイスポーツによると、上原アナは長年にわたって愛をはぐくんできたといい、すでに結納も済ませているという。挙式・披露宴は今秋の吉日を選んで執り行うとも伝えている。

 ここで気になるのは、お相手の慶応大の先輩とは、昨年春に写真週刊誌で報じられた、上原アナのお尻を円を描くように3回もんだとされるデート相手のバスケットボール選手と同一人物なのか。と、思いきや、結婚相手は別人物ということらしい。

 上原アナは慶応大を卒業後、2013年に入局。新潟、広島を経て、17年4月から東京アナウンス室。「おはよう日本」のスポーツキャスター、「ウオッチ9」のリポーターを担当した後、昨年4月からは「ニュース7」のサブキャスターに抜擢され、メインキャスターの瀧川剛史アナ(38)をサポート。

 「学生時代はフィールドホッケー部に所属していたスポーツウーマン。見ての通りのクールビューティー系で、広島局時代の16年には、巨乳でおなじみの杉浦友紀アナ(36)と並んで、リオ五輪の現地キャスターを務めましたが、杉浦アナをさしおいて“あの美人は誰だ”とネット上で話題になりました。アナウンス力も確かで、次期エースとして期待されています」と放送関係者。

 東京五輪・パラリンピックでも、NHKで放送される数々の番組でメインキャスターの有力候補と目されている。これらの大イベントが幕を閉じ仕事も局内も落ち着くころを見計らった時期に結婚するとの見通しだ。

関連ニュース