記事詳細

【ぴいぷる】大東駿介「新しい自分を引き出してくれる…そんな監督や共演者たちと仕事をしていきたい」 障害をテーマにした話題作「37セカンズ」公開中 (1/3ページ)

 ベルリン国際映画祭を始め、世界の映画祭で絶賛された話題作「37セカンズ」が公開中だ。

 「こういう映画が日本でヒットしてほしい。そのためなら僕は俳優として何でも応援しますよ」

 NHK大河ドラマなど話題作への出演が相次ぐ脂の乗り切った実力派は、派手さはないが骨太の社会派ヒューマン映画に、こう期待を込める。

 生まれたときに37秒間、呼吸が止まっていたために、脳に障害を抱え、自由に手足が動かせなくなった23歳のユマ(佳山明)が主人公。彼女を支える介護福祉士、俊哉を演じた。

 「子供の頃から介護や福祉に興味を持っていたので、ヘルパー役での依頼はうれしかったですね」と笑顔で語る。

 ジョージ・ルーカスら名監督を輩出する米国の南カリフォルニア大学で映画製作を学んだ新進の日本人女性監督、HIKARIにとって初の長編映画だった。

 「監督とは以前から知り合いでしたが、突然、連絡が来たんです。障害をテーマにした作品だと聞き、『どんな役でもいいから出たい』と即答しました」

 堺市で生まれ育った。

 「自宅近くに身障者の施設があり、幼い頃から車いすの人たちなどを自然に見ていましたから、健常者との違いなど意識したことがなかったんです。だから差別的な視点を持つ人の方が不自然ではないかと思っていた。そこにずっと違和感を覚えていたんです」

 車いすのまま家出してきたユマの対応に戸惑いながらも、希望をかなえさせようと決意した俊哉は彼女を連れてタイへ行く。2人の旅はまるでドキュメンタリーを見るようだ。

関連ニュース