記事詳細

石坂浩二と里見浩太朗、水戸黄門交代劇での遺恨を越え初共演 (1/2ページ)

 今年3月に最終回を迎える『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)に、サプライズゲストが出演する。里見浩太朗(83才)だ。

 同作は倉本聰氏(85才)の脚本で、老人ホームを舞台にした『やすらぎの郷』(同・2017年放送)の続編。主人公は石坂浩二(78才)演じる放送作家・菊村。里見は石坂と初共演で、倉本作品への出演も40年ぶりとあり、話題を集めている。

 「最終回に向けた話題性も考え、制作サイドと倉本さんが相談して里見さんにオファーしたようです」(ドラマ関係者)

 『やすらぎ~』は、橋爪功(78才)や藤竜也(78才)、加賀まりこ(76才)など、日本を代表する豪華俳優陣が顔をそろえている。里見のキャスティングには、別の意味で周囲がざわついたという。

 「石坂さんは2001年からの『水戸黄門』(TBS系)で、4代目黄門役を務めました。しかし、歴代の黄門様が10年前後は継続して演じるなか、石坂さんはわずか2年弱で降板。その後、5代目を引き継いだのが里見さんでした。この“交代劇”をめぐって、2人の間に“遺恨”が生まれたのでは?という声があるんです」(芸能関係者)

 当時、石坂は自らの意向で黄門様のトレードマークである長い髭をやめたり、衣装をマイナーチェンジするなど、“新しい黄門像”を前面に押し出していた。この容姿が視聴者の間で物議を醸したこともあってか、のちに制作サイドの強い希望で、髭をつけて登場することになったといわれている。

NEWSポストセブン

関連ニュース