記事詳細

【ぴいぷる】“素直な19歳”岡田結実、大人入り葛藤中! 20歳になりたくないけれど「オールでカラオケ」やってみたい (1/3ページ)

 ■テレビ朝日系「女子高生の無駄づかい」で主人公“バカ”熱演中

 早朝の取材だったが、インタビュー室の外にまで響いてくる声を聞くと、こちらまで元気が湧いてくるようだ。彼女の笑顔は周りを明るく照らし出してくれる。

 現在放送中の『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)で演じる主人公・田中望のニックネームはなんと“バカ”。“ヲタ”“ロボ”といった個性豊かなJK“女子高生”の何ともばかばかしい日常を描くコメディーだ。

 「私、朝が苦手で結構ローの状態で現場に入っても、周りのみんなが元気なんで、すぐにハイになれるんです。初日は気合を入れて学生時代の制服を着ていったら、みんなからコスプレか! と突っ込まれちゃいました。でも現場で同世代の子たちとやっていると、底なしに元気だったあのころを思い出しますね」

 すがすがしいほど全力のバカを演じるとあって髪の毛をばっさり切ってイメージチェンジ。「でも、ただただちゃらんぽらんなのではなく、ヲタやロボとの距離感も見つつ、テンションを上げたり下げたりするバカなんで、演じるのは難しいです。撮影に入る前に2キロ太っちゃって。でも現場から家に帰るまでほぼバカの状態なんで、帰宅後はすっごく疲れるんです。だから何だかやせてきましたよ」という熱演は必見だ。

 自身が高校生だったときは、どんなJKだったのだろう。あのころを振り返ってもらおう。

関連ニュース