記事詳細

『パラサイト』だけじゃない! 韓流ラブコメ『愛の不時着』が描いた北朝鮮のリアル……金正恩夫妻もこっそり見ている!? (1/3ページ)

 ヒョン・ビンとソン・イェジンが主演した韓流ドラマ『愛の不時着』(tvN)が16日に最終回(全16回)を迎えた。韓国の財閥令嬢で実業家でもあるユン・セリ(ソン・イェジン)が事業のPRのためパラグライダー飛行中、竜巻に巻き込まれて軍事境界線の北側に不時着。北朝鮮軍エリート将校のリ・ジョンヒョク(ヒョン・ビン)が彼女を守るうちに、愛の炎が燃え上がるというストーリーだ。

 関連記事:韓国映画『パラサイト』がアカデミー賞4冠で“便乗政治家”が出現 かつての保守政権で監督は圧力を…冷ややかな目で見る韓国国民 | TABLO

 2大スターの共演ながら初回視聴率6.1%の低調なスタートとなったものの、回を追うごとに人気が高まり、最終回は21.7%とtvNドラマとしては歴代最高を記録した。

 主演2人の演技と人気に加え、軽妙なラブコメタッチで展開しながら、時に涙を誘う韓流ならではの脚本の妙が人気の理由だが、北朝鮮の「最新事情」を巧みに盛り込んだ点も高評価を得た。

 物語は2人の恋愛を縦軸に、韓国財閥の内紛と北朝鮮軍部の権力闘争を横軸に進む。

 「特に北朝鮮側での暗闘劇の構図は、軍トップの総政治局長と朝鮮労働党中央委員会軍事部長が対立し、そこに工作機関の偵察総局や秘密警察である保衛部(国家保衛省)の動向がからむ、本格的なスパイ映画も真っ青の凝り方ですね」(北朝鮮ウォッチャー)

TABLO

関連ニュース