記事詳細

【芳野友美 再現いろはにほへと】「働き方改革」を感じた瞬間 (1/2ページ)

 最近よく耳にする「働き方改革」。各企業で積極的に取り入れられているかと思いますが、仕事の性質上、働く時間も不規則になりがちな芸能界。最初は無理だし無縁だと思っていましたが、しっかり改革されていると、ここ数年で感じています。

 再現ドラマは特に「急遽撮影」「急遽追加」「急遽変更」なども多く、一日の撮影スケジュールがギッシリ詰まっているなんてこともしばしば。

 香盤表(撮影スケジュール)を見ると終了時間が27時などと表記されていることもよくありました。

 朝、予定が詰め込まれた香盤表を見て「これ本当にきょう終わるの?」と誰しもが口にし、「27時って何時だよっ(笑)」と突っ込みを入れ、結果終らず朝6時までかかったことも。まぁ、みんな割とそれを楽しんでる節もありましたが、これは再現ドラマあるあるネタ。

 が、しかし!!! それは昔話になりつつあります。

 最近はかなり余裕がある時間配分で撮影が行われているし、朝までかかることもほぼ無いです。

 そして、一番変化を感じたのは、ADさんじゃないかなと思います!

 少し前のADさんのイメージは、何日もろくに寝ていない、何日もお風呂に入っていないという感じで、早朝の入り時間に制作会社に行くと床のあらゆるところに人が転がっていて、イビキの大合唱でした(笑)

関連ニュース