記事詳細

高岡早紀の兄“アヤシイ”素性 法人税約5900万円脱税…暴力団との関係も取り沙汰

 法人税など約5900万円を脱税したとして、法人税法違反などの容疑で東京地検特捜部に逮捕された高岡賢太郎容疑者(48)。女優、高岡早紀(47)の兄と報じられ、衝撃を与えたが、果たしてどのような人物なのか。

 高岡容疑者は大手掲示板サイト「爆サイ.com」の運営などを運営する広告会社「Aegate」の社長。18年2月までの2年間で法人税など約5900万円を脱税した疑いが持たれている。

 一昨年死去したホスト王、ホストクラブ協力会初代会長、愛田武氏の後継者となった愛田氏の長女の顧問として、東京・新宿歌舞伎町の老舗ホストクラブ「愛本店」に出入りしていた。

 愛田氏が脳梗塞で倒れてから、長女が社長を継いだが、周囲からは反感を買っていた。長男が新店を出して独立したり、人気ホストが独立・移籍したりと閉店の危機になったとき、高岡容疑者が売上アップに尽力した。

 「赤坂晃や田中聖といった元ジャニーズをホストに勧誘して売上アップを図る企画もありましたが、実現しませんでした。でも、妹の人脈で芸能界周辺の顧客開拓も頑張ってましたね。独立したホストや社長に反旗を翻す派閥のホストには、かなり追い込みをかけていたそうです。暴力団との関係も取り沙汰されたことがあります」(歌舞伎町ホストクラブ関係者)

 IT社長でもあった高岡容疑者だが、その実態はというと、「2ちゃんねるの二番煎じのような掲示板で、よりアングラなものでした。名誉毀損にあたる投稿の削除依頼などトラブルが少なくありませんでした。ホスト、キャバクラや風俗店周辺の誹謗中傷投稿もシノギになりますから、特捜部もそうして稼いだカネの流れを解明して、闇の社会を一網打尽にしようと狙っているのでは」と週刊誌記者。

関連ニュース