記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】酒への感謝の気持ちを込めて… いざ、大衆酒場の世界へ! (2/2ページ)

 そしてアドバイザリースタッフとして大衆酒場と煮込みをこよなく愛する若き煮込ミストの強者である橋本きょうへい君も喜んで参加してくれていい仕事をしてくれています。

 登場する、朝からガッツリ飲める立ち飲み屋さん。ここは酒代をあらかじめ「ちゃり~ん」とカウンターに置いて始めます。あくまでも「ちゃり~ん」でなければなりません。私が初めて訪れたとき、ルールが分からないで5000円札を置いたら「デカすぎる!」とお店のおじさんから注意されたのです。このお店はコストパフォーマンスが高く、家にある小銭集めて入っても十分酔えるお店なのです。

 立ち飲みスタイルですから、お酒を口から入れたらカカトまでストーンと染み込み、お酒がすぐに体に回ってスタンディングダウン状態になること必至です。その他、百年酒場や、9席だけの酒持ち込み自由の酒場、もうこの1冊を見ながらでも一杯飲れる充実した中身なのです。

 今回は「煮込み編」としていますから好評ならば、「焼き鳥編」「町中華編」など続編も制作されることになるでしょう。

 何なら地域を特定して「広島死闘編」なんていうのも登場するかもしれません。そう、私とお酒との「仁義なき戦い」は果てしなく続くのです。

 ■玉袋筋太郎(たまぶくろ・すじたろう) お笑い芸人。1967年6月22日生まれ。東京都新宿区出身。86年にビートたけしに弟子入り。TBSラジオ「たまむすび」(金曜)、TOKYO MX「バラいろダンディ」(火曜)にレギュラー出演中。2013年から一般社団法人全日本スナック連盟会長。著書に「スナックあるある この素晴らしき魑魅魍魎の世界」(講談社)、「スナックの歩き方」(イースト新書)など。

関連ニュース