記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】日程ずらせず現場は右往左往、不安だらけのGWデビュー 最大の問題は… (1/3ページ)

 中森明菜のデビュー曲『スローモーション』はゴールデンウイーク真っただ中の1982年5月1日に発売された。

 この発売日は「ギリギリの選択だった」と明菜のプロモーションを統括していたワーナー・パイオニア(現ワーナー・ミュージックジャパン)の寺林晁氏は明かす。

 明菜はいわゆる“花の82年組”の1人。この年は3月14日に『私の16才』でデビューした小泉今日子をはじめ、翌週の21日には新井薫子『虹いろの瞳』、堀ちえみ『潮風の少女』、三田寛子『駈けてきた処女(おとめ)』がデビュー。4月1日には早見優が『急いで初恋』、そして4月21日には石川秀美が『妖精時代』と続きわずか40日間の間に大手事務所、大手レコード会社のイチオシの新人女性アイドルが一気に出そろった。

 それだけではない。5月5日の「こどもの日」には『NAI・NAI 16(シックスティーン)』で本木雅弘、薬丸裕英、布川敏和の3人グループ、シブがき隊のデビューが決まっていた。

 「周りからは、そんなときにデビューさせても埋もれちゃうだけだとか、準備も考えたらゴールデンウイークが明けた5月10日はどうだなんていう声も出てきましたが『冗談じゃない』と。ゴールデンウイーク明けは逆にタイミングを逃す。何が何でもゴールデンウイークを外すなと強く指示したんですよ」

関連ニュース