記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】チュートリアル・徳井の復帰に“どさくさ感” 新型コロナ禍でのタイミングに批判

 新型コロナウイルス禍の最中の先月24日、多額の申告漏れと所得隠しで謹慎していたチュートリアルの徳井義実(44)の復帰を吉本興業が発表した。まず3月7日にローカルラジオに復帰し、15日には舞台復帰するが…。

 「なぜこの時期に? という“どさくさ感”がぬぐえない復帰です。そんな意図はないなら、この時期を選ばなければいいだけ。周囲に空気を読める人がいなかったのかと思ってしまいますね。ずれた戦略が尾を引かなければいいんですけど」と情報番組デスク。

 歌手の和田アキ子(69)はテレビ番組で記者会見をしないで復帰する徳井をチクリとさした。

 「徳井は謝罪会見の際、『またいつでも説明をさせてもらいます』と明言していたんです。それは、会見要請があれば答えますよという意味と受け取っていました。しかし復帰にあたって取材や会見を打診してもダメ。納税もしたんですから、正々堂々、区切りの会見を開けばいい。なぜこの時期に復帰するのかも含めて説明すればスッキリしたのに」(前出・情報番組デスク)

 徳井の場合、脱法や違法すれすれの所得隠しでなかった分、救いがあるだけに、正々堂々とした“復帰道”を見せてほしかった。

関連ニュース