記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】小倉優子“泥沼離婚”危機 CM契約の影響考える小倉の事務所、夫は「芸能人と結婚する」覚悟足らず? (1/2ページ)

 「おなかの子に限らず子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては私が最も望まないかたちです」

 先日の『グッド!モーニング』(テレビ朝日)でこう語ったのはタレント、小倉優子(36)の夫A氏(46)。

 2018年12月に結婚した夫婦が昨年12月から別居していることが発覚した。小倉は11年に人気ヘアメークアーティストと結婚し2児をもうけるも、夫のたび重なる不倫で離婚。ママ友の紹介で知り合ったA氏と再婚し、現在、小倉はA氏との間の第3子を身ごもっている。

 「離婚後、小倉はシングルマザーとなりましたが、料理レシピ本を出版するなどママタレとしての好感度は抜群で、CM女王でもある。Aさんはお笑いコンビ、NON STYLEの井上裕介似。イケメンの前夫がトラウマで、小倉は再婚相手を性格重視で選んだ。早くに父親を亡くしたというA氏は苦労して今の地位を築いたといい、当時40代で初婚でした。連れ子をかわいがってくれたのが再婚の決め手となりました」(女性誌デスク)

 家族で買い物に行く円満な光景も写真で紹介され、世間に祝福された再婚がなぜ、こんなことに。理由のひとつに挙げられるのが、A氏が小倉に「芸能界を辞めて専業主婦になってほしい」と語ったということ。だが、先のA氏は否定。

 「小倉の所属事務所も『そんなやりとりはない』と否定していますが、それは建前。CM契約の影響を考えて、はっきりとした理由を言わないだけ。別居していても関係修復に向けて話し合い中、という言い訳を取り繕っている」(同前)

関連ニュース