記事詳細

TKO・木下、一寸先は闇… 業務提携一転“白紙”に 後引くパワハラ問題 (1/2ページ)

 パワハラ疑惑で松竹芸能を退所したお笑いコンビ、TKOの木下隆行(48)。16日にはものまねタレント、ジーニー堤(34)が自身の経営する芸能事務所と業務提携を締結したと発表したが、17日に一転、白紙撤回に。「捨てる神あれば拾う神あり」とみられたが、やはり多難のようだ。

 ジーニーは16日、自身のブログで業務提携を結んだと発表。ジーニーは「およそ7年前から木下さんにとても可愛がって頂きました。その木下さんの今後の活動をお手伝い出来ることはとても光栄」と報告し、今月末か来月頭に木下の会見を行うとしていた。

 しかし、17日にスポーツ紙などでこのことが報じられると、ジーニーはブログを更新。「あくまでも、弊社が単に木下さんの営業窓口のひとつとなるという話であり、木下さんがヴィンテージ1の所属タレントとなるという話ではまったくありませんでした」とし、業務提携についても白紙撤回としたのだ。

 木下は昨年秋、よゐこの濱口優の結婚式をめぐり、後輩から集めた金を“ネコババ”したと舞台で後輩にイジられたことに激高し、舞台裏でこの後輩にペットボトルを投げつけたと一部メディアで報じられた。そしてその後、後輩芸人に対するパワハラ疑惑が次々と明るみに出た。

 「木下のパワハラ体質には、事務所の先輩も後輩も手を焼いていたそうです。円満退社とされていますが、実質的な“解雇”とみるべきでしょう。木本武宏(48)とのコンビは解消しないとしていますが、こちらも実質的には難しい」と演芸関係者。

関連ニュース