記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】北川景子が歌うGLAYが話題! 再びロック界に“旋風”起こるか (1/2ページ)

 昨年11月、20年ぶりに再始動したWANDS。4月スタートのドラマ『サイレント・ヴォイスseason2』(BSテレ東)の主題歌として『抱き寄せ 高まる 君の体温と共に』を書き下ろした。

 ドラマ主題歌としては、1993年のミリオンヒットになった『時の扉』以来27年ぶり。

 ドラマは相手の嘘を見抜く刑事(栗山千明)が主人公の、佐藤青南氏のミステリー小説『行動心理捜査官・橋岡絵麻』シリーズが原作のサスペンスの続編。

 楽曲は新しく迎えたボーカルの上原大史が作詞、ギターの柴崎浩が作曲した、包容力のあるラブソング。

 「第5期WANDSとしてのシングル第2弾です。『サイレント・ヴォイス』の世界観とどんな化学反応を起こすのかとても楽しみ」(上原)

 WANDSは91年にデビュー。『もっと強く抱きしめたなら』『愛を語るより口づけをかわそう』『世界が終るまでは…』などミリオンを連発し、中でもアイドルだった中山美穂と組んだ『世界中の誰よりきっと』は188万枚超をセールス。ロック界で先行するB’zを追いかけ、90年代の歌謡界のロックシーンを牽引した。

 そんな彼らからやや遅れて登場したのがGLAY。94年にメジャーデビューし、先日、デビュー25周年記念ベストアルバム『REVIEWII』をリリース。そのCMが評判を呼んでいる。

 女優の北川景子がCMに出演し、収録曲を歌っている。“すごくドラマチックなCM”“北川景子の歌がいい!”とSNSがにぎわっている。

関連ニュース