記事詳細

志村けん、コロナ「陽性」診断 一時重篤に…人工呼吸器つけ治療中 交友関係広く感染拡大気がかり (1/2ページ)

 タレント、志村けん(70)が新型コロナウイルス検査で陽性と診断され、東京都内の病院に入院していることが分かった。一時重篤となったのちに回復に向かっているとの情報もあるが、高齢で持病もあるだけに心配だ。志村はバラエティーやドラマ、映画などでも活躍しており、コロナ禍の影響は大きい。

 東京都の感染者は24日時点で北海道を抜いて全国都道府県で最多となったが、ついに芸能界にも波及した。

 志村は数日前からせきや発熱など体調悪化を訴えたため都内の病院に入院。23日の時点で新型コロナウイルスの陽性と判明した。その前後に一時、肺炎などで重篤となったという。集中治療室で治療を受けた結果、持ち直したが、現在も人工呼吸器を付けて治療を行っているとみられる。

 山野美容芸術短期大学客員教授で医学博士の中原英臣氏は、「動脈中の酸素量が安定しなければ、人工呼吸器を外すことはできない。まだ付けている状態だとしたら、油断はできないだろう」とみる。

 70歳の志村は2016年にも肺炎で入院したほか、先月中旬には胃のポリープが見つかり約4日間入院、内視鏡手術を受けたばかりだった。「高齢であることと、持病があったことも重症化の原因ではないか」と中原氏。

 志村は日本テレビ系動物バラエティー「天才!志村どうぶつ園」とフジテレビ「志村でナイト」の週2本のレギュラーを抱える。30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」に音楽家の役で出演予定で、すでに撮影に入っていたといい、今後のスケジュールに影響が出そうだ。

関連ニュース