記事詳細

俳優の窮状「直訴」したら…西田敏行、思わぬ“炎上” 一般の個人事業主たちから反発 (2/2ページ)

 言ってみれば、西田が男気をみせて“直訴”したというわけで、その行動に称賛の声が寄せられている。しかし、反発する声も少なくない。

 《いや、大変なの俳優だけじゃないからね?》

 《気持ちはわかるけど、俳優さんって保証はないのは覚悟の上なんじゃないかな》

 《文句言ってないで西田さんがお金の支援したらいいじゃない。たくさん稼いでるでしょ?》

 結果として、辛辣(しんらつ)な意見がSNSで飛び交うことになってしまった。

 「西田としては、理事長である以上、俳優の生活を守るためにも声を上げざるを得ない。ただ、メディアに取り上げられることで、“悪目立ち”してしまった。多くの個人事業主やフリーランスの人はアピールすることすらできない人が多く、大変なのは俳優だけじゃないと反発を受けることになってしまった」と演劇関係者。

 自分たちのことを大声でアピールするだけなく、“声なき声”を代弁してくれればよかったのに。

関連ニュース