記事詳細

志村けんさん、手に入らなかった願い…母に見せたかった「跡取り」 知人女性に声かけたことも (1/2ページ)

 新型コロナウイルスに命を奪われたコメディアン、志村けんさん。多くのギャグとキャラクターでお笑いの頂点に立ち、名声も手にした人だが、最後まで手に入れることができなかったこともあった。

 志村さんが口にしていたのが、母和子さんの願いだった。本紙で連載していた『志村けんの人生だいじょぶだぁ~』でも、そのことについて語っている。

 《最近、うちのおふくろ(八十一歳)が、オレの顔を見るたびに、「早く『バカ殿』二世を作っておくれ」ってせがむんだよね。「お前と孫が白塗りで、舞台に立つのが夢なんだよ」って》(2001年5月8日発行)

 《いつかおふくろの夢を叶えてやりたいと思ってるから》(同)

 かつて出演したバラエティー番組では「子供は欲しいけど、結婚はできないなぁ」とまで明言していたほど。子供が一番で、結婚は二の次というわけだ。

 若くして父を亡くした志村さん。厳格だった父親に対して、和子さんは芸人になった志村さんを応援し、一番のファンであり続けた。

 しかし、そんな和子さんも15年に死去した。最愛の母の願いはかなえることができなかった。それが心残りだったのか、志村さんは子供への思いをつねづね口にしていたという。発売中の『女性セブン』は、そんな思いを報じている。

 知人の30代女性に「結婚しなくてもいいから、経済的には絶対苦労させないから、オレの子供を産んでくれないか」と声をかけたというのだ。

 同誌は、最初は冗談かと思われた発言だが、たび重なりお願いされたこともあり、女性も「本気なのかもしれない」と感じたと伝えている。

関連ニュース