記事詳細

世間受け“最悪”でなにをやっても低評価…TKO・木下隆行、再起の道ある!? 人気のカジサックも“被害”に (2/2ページ)

 「雨上がり決死隊の宮迫博之がユーチューバーを始めたとき、初速で高評価が4・9万件なのに対し、低評価が8・6万件とほぼ倍だったことが話題になりましたが、木下の動画はそんなレベルではありません。4月7日午後で高評価が約4300件に対し、低評価が25万件と散々です」と週刊誌記者。

 さらに3日にカジサック(お笑いコンビキングコングの梶原雄太)の公式チャンネルにゲスト出演したときもとんでもないことになった。

 「カジサックは登録者数が189万人という人気ユーチューバーであるため、最近では低評価というのはほとんどありませんでしたが、木下が登場した回は高評価が1万件に対し、低評価が5万件となっています。それだけパワハラ騒動のせいで、木下の世間受けは最悪の状況です。身から出たさびとはいえ、これをひっくり返すのは相当難しいでしょう」と先の週刊誌記者。

 「憎まれっ子、世にはばかる」となればいいが。

関連ニュース