記事詳細

東大卒も 高学歴な女性が積極的にグラビアに進出する背景 (1/3ページ)

 群雄割拠の「アイドル戦国時代」において近年、有名大学の才色兼備な女性が積極的にグラビア界に進出している。グラドル評論家の本末ひさお氏が語る。

 「SNSの普及によって、“グラドル”と呼ばれる女性が非常に増えていることが影響していると思います。一昔前は芸能事務所に所属することが当たり前でしたが、最近は自分でセクシーな写真をアップすることをきっかけに、タレント的な活動をする人も増えてきました。そうした戦国時代で台頭するためには、何かしら“一芸”が求められます。そこで事務所側も高学歴のタレントにその肩書きの意外性を武器にして参戦させているのでしょう」

 千代田唯は、立教大学法学部国際ビジネス法学科卒業。AKBの元「バイトAKB」のメンバーで、ワイン好きとしても知られる千代田はいう。

 「在学中は日本と海外の政治を比較する勉強をしていました。この時に得た考察力が、その時々で流行が変わる芸能界に臨機応変に対応できる力になったと思います。今後は昨年優勝した『ミスワイン』の経歴を活かしてワイン普及活動をしたいです!」(千代田)

 青山学院大学卒の岡田紗佳は、ファッションモデルとして活躍するほか、プロ雀士としても人気を博す。岡田はこう語る。

 「すでにモデル活動を大学時代からしており、仕事と学業の両立に必死で4年間が一瞬でしたね。グラビアは撮影が好きだったのと、表現の幅を広げるために挑戦しました。将来は海外に関わるようなお仕事もしてみたいです」(岡田)

NEWSポストセブン

関連ニュース