記事詳細

真面目すぎて不安!? ナイナイ岡村が紅白司会なら…気になるアノこと (2/2ページ)

 「紅白といえば、台本が辞書ほどの分厚さがあることで知られています。その内容は秘密厳守。さらに大みそかの生放送という状況下で、秒単位のスケジュールをきっちりと守らないといけません。相当に精神的な負担が大きい仕事です」と芸能事務所幹部は明かす。その上で岡村の精神面に懸念を示すのだ。

 「岡村さんは真面目すぎるほど真面目。いまだに結婚できないのも、その性格が邪魔しているからと言われるほど。すべての仕事を1人で抱えてしまい、2010年に5カ月間休養することになりましたが、それも真面目で責任感の強い性格がわざわいしたのです。休養後、多少は適当に力を抜くことも覚えたようですが、今年のような重大な1年の締めくくりを、紅白のようなシビアな大舞台で任されるとなると、再び“悪い芽”が顔を出さないともかぎりません」

 まだまだ先の話なのだが…。

関連ニュース