記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】村西とおる監督が出演!“ナイスすぎる”配信ライブ開催 (2/2ページ)

 ステージは村西監督節炸裂(さくれつ)の3時間に及ぶ政見放送状態で、最後にもうひと押しあれば「その土地を買い取ります!」と原野商法被害者のようになりかねない程。監督の言葉のファンタジスタにメロメロになってしまいました。 ナイスですねぇ~、ナイスすぎると言っても過言ではありませんでした。村西会長(私は監督を会長と呼ばせてもらっています)、ありがとうございました。

 そして4日には大阪のロフトプラスワンWESTでプロインタビュアー・プロ書評家である吉田豪ちゃん(これまた私は豪ちゃんと呼ばせてもらっています)と一緒に暴走トークライブを開催するはずだったのですが、コロナ騒動が大きくなり同じくロフト系列のライブハウスから感染者が出てしまったという不幸も追撃して、公演は中止に。渋谷のロフトプラスナインで、これまた無観客で2人だけの配信ライブとなりました。

 大阪遠征は心待ちにしていました。東京開催じゃない分、ネット配信も予定がありませんでしたから、思う存分踏み込んだ話ができると気合十分だったからです。豪ちゃんと2人だけなのでトークにブレーキが掛かるか自分でも不安でしたが、2時間半笑いっぱなしのライブとなりました。

 ライブはお客さまとの一体感というのが不文律です。しかし、今回の緊急非常事態は、災い転じて何とやらではないですが、皮肉にも配信という新しいショービジネスの形という功罪を生んだのです。(玉袋筋太郎)