記事詳細

「ひな壇芸人」壊滅危機! “濃厚接触”の塊のような芸…コロナ後のバラエティーは大きく変わる可能性も

 テレビ制作のあり方すら変えつつある新型コロナウイルス。いまやドラマもバラエティーも収録がストップしている。かろうじて生放送を続けている報道番組でも、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を取ることが求められている。そうなると大変なのがひな壇芸人たちだ。

 「テレビ芸人にとっては死活問題ですよ」と話すのは演芸関係者。「俳優たちが仕事がないと声を上げていますが、“ガヤ”といわれるひな壇芸人も仕事の場がなくなっています」と続ける。

 ひな壇芸とは、バラエティーで多用される階段状のセットに、多くの芸人がそこに詰めて座り、“その他大勢”としてMCのトークに突っ込んでいく。全員が立ち上がって、前に出ようとする姿は、まさに“濃厚接触”の塊のような芸だ。

 「番組制作の中で、新型コロナの感染を防ぐための対策として真っ先に講じられるのが“ひな壇の撤去”です。ソーシャル・ディスタンスを守ろうとすると、ひな壇は使いようがありません」と制作会社関係者。

 演芸関係者はいう。

 「コロナ禍後のバラエティーが大きく様変わりすることは避けられない。これまで通りのひな壇やロケ、食リポなどはなくなるかもしれない。そうなると、従来のテレビタレントのままでは対応できなくなっていく。今後は番組の制作費も大幅に削られることになりそうですし、そうなるとひな壇芸人で生き残っていけるのは、“ガヤの名手”であるFUJIWARAの藤本敏史ら数少ないでしょう。今の状況は芸人たちにとっても試金石なのです」

 コロナ禍の後に生き残れるか。芸人たちには笑えない状況だ。

関連ニュース