記事詳細

恩人・志村けんさんの死で…田代まさし“再評価”の皮肉 過去にコント番組で共演、逮捕が相次いでからは“破門”状態 (1/2ページ)

 新型コロナウイルス感染による肺炎で3月29日に死去したタレント、志村けんさん(享年70)の代表作でもあるコント番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』が、所属事務所イザワオフィスの公式YouTubeチャンネルで公開されている。ここで皮肉にもあの男が再評価されているのだ。

 「-だいじょうぶだぁ」は1987~96年にレギュラー放送されたコント番組。女優、いしのようこ(52)らと志村さんによるコントは今見ても爆笑必至。

 テレビ放映された全173回分の映像素材を30分前後の10本に再編集し公開する。2本目からは広告付き動画として配信し、必要最小限の経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付するという。

 「公開された作品ではいきなり“パイのパイ体操”とど下ネタ全開。これがゴールデン帯に流れていたのだから改めて驚きです。1本目は20日午前の段階で再生回数は330万回を超えています」とスポーツ紙記者。

 事務所では「諸事情により、テレビなどで目にしていただく機会がなく、今後についても、残念ながら限りなくゼロに近い状況です」としているが下ネタ以外にも放送が難しい理由がある。田代まさし(63)だ。

関連ニュース