記事詳細

【ちゃんもも◎ デートは酒場でお願いします。】番外編~外出自粛、家でストロング6種飲み比べの巻・最終章~

 皆さま、こんにちは! ちゃんもも◎です! 第17、18回からの「家でストロング6種飲み比べの巻」の最終章です!

 3本目までで一度仕切り直しまして、残り3本はもっとわかりやすくするためにレビューっぽく書いていきたいと思います◎

 自粛と在宅時間が増えた影響で深酒してしまう人が増えているそうですので、これを読んでアルコール度数9%なストロング缶の使用感の参考にしてくださいませ!(家で記憶を無くす人も続出しているそうです。私も3回くらいやりました。)

 それではまず1本。

■サントリー「角ハイボール 濃いめ」
味   ★★☆☆☆
酔い度 ★★★★☆
速度  ★★★☆☆

 モモコメント「まっすぐ勝負のまさしく【濃い】ハイボール。一口目で面食らう味のパンチ力は言わずもがな。ハイボール慣れしてない人は注意。慣れるとだんだん美味しくなる。この味が何も感じなくなったら酔っている証拠。酔いも後から来るタイプ。おすすめセッティングは”家でゾンビ映画”」

■コカ・コーラ「檸檬堂 鬼レモン」
味   ★★★★★
酔い度 ★★★☆☆
速度  ★☆☆☆☆

 モモコメント「味がべらぼうにジュースだ。この美味さはおかしいようでしっかりとした理由がある。これがレモン1.5個分の果汁と糖質(果糖ぶどう糖液糖)の力だ。特筆すべき点は同社の、あのコカ・コーラのカロリーが100ml当り45kcalなのに対し、鬼レモンは80kcalだ。一缶は350mlだ。これが計算できなくなったらもうおしまい。糖質を抑えまくる傾向にあるストロング界ではなりふり構わず味の良さを追求する唯一であり代表格と言える存在。心して飲め。おすすめセッティングは”人見知りの宅飲み”」

 いよいよ6本目!ラストはもちろんこの方、キングオブキング、ストロングオブストロング(一本目でガツンとラムネを紹介しましたが、こちらがまとめです。)

■サントリー「-196℃ストロングゼロ  グレープフルーツ」
味   ★★★★☆
酔い度 ★★★★★
速度  ★★★★☆

 モモコメント「味はストロング特有のそれです。美味いとかじゃないけど脳髄に染みる味。”強烈な虚無”としてちょくちょく時代のネガティブと共に語られがちですが、良くするも悪くするも自分次第のものだと割り切って楽しむ愛飲者は多いと私は思う。慌ただしい世の中に、慌てて酔うための酒だが、こいつと共に歩く帰り道は呼吸が気持ち良いし、音楽や言葉がストレートに入ってくるし、夜空が綺麗だと思える。どことなくホッとするのだ。ただしセッティングやチャンポン度合いによっては悪酔いするだろうし、それはストロングゼロが悪いのではなくてその人自身の問題に思う。一本目にも書いたけどストロングゼロはこれだけを飲んでいれば意外にも多幸感系のダウナー。性格自体が楽観的でマイペースな人にはすごくマッチするお酒と思う。心から信頼する友と飲むのなんかは最高の一言に尽きる。おすすめセッティングは”心置きない帰り道”」

 ここまで書いてきて、同じストロングでも感覚の違いがあることが伝わったらうれしい。特に氷結ストロングとストロングゼロは同じように思われがちですが、中身も違えば効き方も違う。

 少し長引きそうですが、皆さますてきな自粛酒ライフをお楽しみください。(最近のおすすめ自粛つまみは、乱雑に切ったキャベツにごま油と混ぜた味噌とマヨネーズを添えたもの。)

 今回はここまで!それではまた!

■ちゃんもも◎

1991年6月14日生まれ 神奈川県出身。タレント、作家、コメンテーター、歌手。アイドルグループ「バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI」のメンバー。テレビ、雑誌、ラジオ、イベントの多方面で出演しておりマルチに活躍している。サスペンス小説『刺激を求める脳』がKADOKAWAから発売中。

 Instagram:https://www.instagram.com/xchanmomox/

 Twitter:https://twitter.com/chanmomochan10

関連ニュース