記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】コロナだけでなく諸々あって落ち込みがちの私に…母から最高のラブレター (1/2ページ)

 ゴールデンウイーク期間中にこの原稿を書きました。外出自粛要請を粛々と守り抜こうとして、自宅でシコシコと原稿を書いている玉袋筋太郎です。

 外出禁止で仲間と会うこともできませんが、LINEなどで連絡を取り合っています。

 時代劇研究家の春日太一先生はこの外出自粛の最中、次作発表のために1日に6本も日本の戦争映画を見まくって原稿を書いているそうです。「新型コロナウイルスは第三次世界大戦」と呼ばれているときに、朝から晩まで第二次世界大戦の日本映画を見て著作を執筆している春日先生の姿は、コロナに対して決して負けないプロ意識を感じさせてくれました。春日先生、さすがです。早く喪(コロナ禍)が開けて、一献傾けたいと願っております。

 兄弟分の芸人、桐畑トールちゃんは「ボクなんて仕事がほとんどないですから、もともとヒマには慣れていますけど、これだけヒマもあったもんじゃないですよ!」と自嘲気味なジョークで私を笑わせてくれます。

 番組で共演している内山信二くんは新婚の奥さんと一緒に連日ライブ動画をインスタグラムで発信してくれて仲むつまじい姿を見せてくれています。

 友達の西山茉希ちゃんもインスタで運動不足解消やおいしそうなお料理動画をアップしてくれています。SNSがあればたとえ離れていても人はつながることができるのです。

 しかし、本当にいつになったら開けるのでしょうか? 私が経営している「スナック玉ちゃん」も1カ月以上閉店状態です。スナックは特に「3密」の状態を生み出しますから、オープンは難しい状況でしょう。ああ、常連のお客さまたちといつも通りに乾杯したい。

関連ニュース