記事詳細

フジに出向した相川梨絵アナ「タモリさんの言葉に救われた」 (2/2ページ)

 また『笑っていいとも!』では、タモリさんの言葉にも救われました。

 私が芸人さんたちを上手くまとめられず、ハチャメチャで終わってしまった時に、「今日はすみませんでした。もっと頑張ります……」と謝ると、タモリさんは「頑張らなくていいの。相川はそれが面白いんだから」と言ってくださいました。それまで「頑張れ」と言われ続けてきた私にとってはまさに晴天の霹靂で、そこから仕事が楽しめるようになりましたね。

 ただ『コント1000本ノック』などのバラエティ番組でいろんなコスプレを着させられたのが実はイヤで、特に抵抗があったのが一休さん。坊主頭は恥ずかしかったです(笑い)。

 私がバヌアツに移住してからも、フジテレビのアナウンサーだった恩恵を感じる出来事がありました。2015年にバヌアツが巨大台風で大被害を受けた時、親善大使だった私が支援金を募ったら、約1700万円ものご寄付が集まったんです。

 これもフジテレビのアナウンサー時代があったからこそだと感謝しています。日本はいま大変だと窺っているので心配ですね。バヌアツは多くの人々が自給自足をし、自然と共存している国です。私は今後も家族とともにここで暮らしていくと思います。

 ※週刊ポスト2020年5月8・15日号

NEWSポストセブン

関連ニュース