記事詳細

元HKTメンバーの大麻騒動…「見せしめ」逮捕か 法律関連メディア「不起訴になることがわかっていたのでは」

 福岡を拠点とするアイドルグループ、HKT48の元メンバー、谷口愛理さん(21)が先月16日に大麻取締法違反(所持)の疑いで福岡県警に逮捕された事件は芸能界を騒がせた。しかし同30日に証拠不十分で不起訴となったことで「見せしめ逮捕だったのでは?」との声も出ているようだ。

 福岡市内の実家で乾燥大麻0・025グラムを所持していた疑いで逮捕された谷口さんだが、当初から「自分の物ではない」と否認、交際相手が半年ほど前に置いて行ったものだと主張していた。

 その交際相手の男(20)というのが少々要注意人物だったようで、1月に仲間と傷害・監禁事件を起こして逮捕。19歳男性に因縁をつけ、車に監禁するなどしたという。その際の家宅捜索で男の家から大麻や関連器具が見つかり、出入りしていた谷口さんが捜査線上に浮上したという。

 谷口さんは釈放後、インスタグラムで「こういう投稿自体も考えたけど一応一般人だし事件に関しての公のコメントは今のところ控えますね」「お騒がせしました。社会的に失うものそろそろなさすぎて前に進む以外ないや」と心境を吐露している。

 「不起訴になることがわかっていて耳目を集めるために逮捕したのでは、というのが弁護士たちの間でもっぱらの評判です」と明かすのは、法律関連メディアのライター。

 「谷口さんは、福岡では売れっ子キャバ嬢ですが、一時期HKTに在籍したことから大きく報道されてしまいました。取り調べで自白が取れると踏んでいた可能性もありますが、いずれにせよ、あまりにも微量ですし、最初から逮捕すべきではなかったのでは」と先のライターは疑問を投げかける。

 捜査のあり方が問われそうだ。

関連ニュース