記事詳細

串カツ田中が名前を「串カツ宮迫」へ 宮迫博之が2000万円でネーミングライツを購入! (3/3ページ)

 「ちょっと…何かを解約します…何がしか保険を解約します…保険解約したら買います。いきます!」(宮迫)

 「ありがとうございます!」と深々と頭を下げる社長。

 「いま手の震えと…背中の汗がびっしょりです…社長相談なんですけど…焼酎だけ奢ってもらっていいですか?」(宮迫)

 こんなやり取りを経て、全国270店舗の「串カツ田中」が、看板やホームページから全部「串カツ宮迫」に1カ月限定(7月頃予定)で変更することが決まったのです。

 放送を見た視聴者や、このニュースを知った人たちがネットやSNS上で大騒ぎです。その反応が大きく二分されました。

 「串カツ田中は好きだけど、串カツ宮迫は生理的に無理…行きたくない!」

 「誰が食いに行くか! 2000万円払えるなら、詐欺被害者に寄付しろよ!」

 「名前が変わって受け付けないって個人の感覚だから仕方ないと思います」

 「串カツ宮迫に文句ある奴は2000万出したら? これ、凄いことなんやで」

 「友達の窮地を救うだけでなく、みんなが支援するきっかけにもなるし最高」

 「名前変えるだけで2000万円…こんな面白い決断ができるのは芸人の証!」

 さらに、こんな意見まで出ていました。

 「1カ月我慢するだけならいいでしょ。全国の田中姓の人間はそう思ってる」

 いずれにしても、「串カツ宮迫」、ひいては「串カツ田中」の宣伝費を賄うほどのニュースになったことは間違いないようです。(文◎編集部)

あわせて読む:「自業自得じゃねえか」 入院長引く石田純一に呆れ交じりの声! 励ましの声はそこにはない…! | TABLO

  

TABLO

関連ニュース