記事詳細

NEWS・手越、滝沢副社長と確執 “事実上のクビ”で退社待ったなし! (2/2ページ)

 女性関係にとどまらずさまざまなスキャンダルに見舞われながら、手越は大きなペナルティーを受けることはなかった。

 「これまでは事務所に守られていましたから、ユニットから外されただけでも、手越への対応としては異例でした。しかし、ファンの間からすら処分が甘すぎると批判が上がっていました」と先の音楽関係者。

 「ジャニーズJr.たちを副社長の滝沢秀明氏が取り仕切るようになって、不祥事が報じられたJr.はみんな厳しい処分を受けています。滝沢氏の肝いりで売り出された『Snow Man』もリーダーが不祥事で活動自粛になりました。滝沢氏はとにかくスキャンダルを嫌います。一生懸命にやっている若いタレントたちに悪い影響を与えるからです。正直いって手越は“目の上のたんこぶ”なので、今回の処置は事実上のクビということです」と女性誌編集者。

 一方の手越については一部で退社の意向が報じられている。「手越も滝沢氏の方針に反発しており、周囲には“はめられた”と恨み節を漏らしています。滝沢体制のジャニーズにはいられないと退社を考えているようです」と女性誌編集者。

 さすがに誰も守れなかったようだ。

関連ニュース