記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】成長期はバランスよく食事を (1/2ページ)

★其ノ参百参拾弐

 先日、飼っているインコが妙に羽をついばんだり、震わせたりするので、何だか気になってしまい獣医さんに連れていきました。

 訪ねた動物病院は、都内でも有名な鳥類メインで診察してくださる場所でした。無論他の動物も診てくださるようで、ネット上にはほぼオールマイティーという評価もあって頼もしいなと感じておりました。

 順番を待って詳細を説明し、診察を受けたところ、羽の生えかわりでムズムズしているようでした。ミネラルやカルシウム不足の診断もされて、餌を変えましょうと指導をいただきました。

 今までの餌だけでは栄養が偏ってしまうと教えられて、食い付きのいいものばかりをあげていた可能性に気づいて反省です。成長期の真っ最中なので、骨が弱いままだとうまく飛べなかったり、ちょっとの衝突や落下でけがをしたりしますよといわれて、すぐに指定された餌に変えました。

 現在ではすっかり羽も生えかわり、少し体も大きくなりました。「何かあったらすぐに来てください」と言われて、心強い支援者ができた気持ちです。

 病院には保護された鳥や入院中の鳥も数羽おり、手当てを受けておとなしく収容されていました。中でもかたっぽの羽を骨折してしまった中型インコは羽にギプスのような固定処置をされていて、「鳥でもこんなションボリするんだ…」と思ってしまうほど落ち込んだ様子でじっと止まり木に止まっていました。

関連ニュース